仮想通貨PUBLIQ(パブリック)海外メディア報道

Forbes(フォーブス)

Forbesのブロックチェーン特集記事でPUBLIQを興味深いケースとして紹介

世界的に有名なメディアForbes(フォーブス)でのブロックチェーン特集記事の中で、ブロックチェーン技術の利用の仕方で興味深いケースとしてPUBLIQ(パブリック)が紹介されているので、当サイトで紹介したいと思います。

ソース:Forbes

もう1つの興味深いケースは、Peer to Peer(ピア・ツー・ピア)の分散型ネットワークPUBLIQで、これはメディア業界に新しいビジョンとアプローチを実装している。カザフスタン出身でプロジェクト代表のMuhammed Gali(モハメド・ガリ)氏は次の様に述べている。

「私達のプロジェクトは、特にトランザクションや取引を行う為の仲介が無い急成長中のオンライン環境で、人々の交流方法やコミュニケーション方法を変えます。世界中のインターネットアクセスとスピードの驚異的な成長は、ますます多くの人々がいつでもどこでもメディアに接続出来る様にします。しかしメディア環境は現在脅威に晒されています。集権化された不公平な体系に、質の高いコンテンツが不足して行っている。この様な状況は、メディアへのアプローチと信頼だけでは無く、実際に何が起こっているのかを理解するのにも影響しています。」

「PUBLIQチームは、分析技術や人工知能を組み合わせて、ブロックチェーン技術に基づき、将来のメディアエコシステムを構築します。PUBLIQは非営利団体であり、ブロックチェーン技術を使用する事で、著者と読者の間の全ての仲介者を排除する事を目標としています。各著者は自身への評価と読者からの信頼獲得に取り組むでしょう。広告主は広告費を支払う。PUBLIQは全ての収入を著作者に分配し、著者と読者に安全で公平なシステムの一部となる機会を与える。」と述べている。

フォーブスもパブリックがブロックチェーン技術を使った配信システムに注目している。仲介者が無くなる事で、視聴者からの直接の評価が分かる様になり、それが報酬へと反映される。メディアへの圧力も無い場所になるので、公平で安全なジャーナリズムを確立させる場所にもなる。企業は不正の無い場所へ広告を掲載できるようになるので、一部の既得権益者や権力者以外の全ての人にとってメリットのある場所になる。

関連記事

  1. CNews

    CNewsでPUBLIQ(パブリック)が特集!パブリックメディアプラッ…

  2. 新浪科技

    中国大手科学専門ニュースサイト「新浪科技」でPUBLIQ特集ページ

  3. Business Insider

    ビジネスインサイダーがPUBLIQをブロックチェーン利用例として取り上…

  4. TechGig

    TechGigでPUBLIQがフェイクニュースと戦う為のブロックチェー…

  5. Drupal Europe2018

    Drupal Europe2018でパブリックCEOが独自プラットフォ…

  6. LaVanguardia

    LaVanguardiaがPUBLIQ(パブリック)特集記事を掲載

PAGE TOP